• トップ /
  • 営業職の求人と給料の関係

総合職の中途採用新卒採用

営業職の求人と給料の関係

求人では曖昧な営業職の給与額

様々な求人がある中で、営業職の求人においては給料の金額が明確に提示されていない場合が多くあります。それはなぜかと言うと、営業職とは会社の売り上げを直接的につくる役割を担うため、個人の売り上げは会社への貢献度としてその貢献度に応じて報酬を支払うという形を採用しているためです。ただ、会社がその個人を社員として雇用していると言うことに関しては、給料として支払う義務はあるためにそのその部分に関しては固定給を支払います。それに加えて、売り上げに応じた報酬が支払われるのですが、売り上げは毎月変わると考えられるので明確な金額を提示出来ないのです。こういったことから、営業職の求人の給与の部分では、「固定給プラス歩合」や「固定給プラス各種報酬(手当)」と提示される事が多いです。プラス以降の金額は、個人の成績(売上)に対して会社のあらかじめ決めてある一定の基準に則って給与に反映されます。以上のことから、営業職というのは固定給以外はその個人の成績で支払われる金額が違うので、会社から支払われる1ヶ月の給料の総額はその個人、さらにその月によって変わってくるので、営業職の求人では給料の金額が明示されていないのです。

↑PAGE TOP

Menu